北欧住宅・デンマーク注文住宅|ヨゴホームズ www.yogohomes.com

BLOG ヨゴホームズブログ

ヨゴホームズブログblog

2021.11.13
寒いからこそ実感するもの

新人の和田です。

今週から寒さが本格化し寝床から出るのが辛くなりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。体調を崩さないよう気をつけたいものです。

さて、こう寒いと暖かい家の中でゆっくりと過ごしたくなるものですが、そうなると住宅の性能が重要です。北欧の冬の厳しい寒さに耐えるために培われた建築技術を多く取り入れ、どんな気候でも心地よく住んでいただく、というのが我々の取り組みです。

弊社では暖房設備として”温水セントラルヒーティング”を採用しています。詳しくは下記をご覧ください。

こだわりの設備

 

私自身、ヨゴホームズに入社するまではセントラルヒーティングは体験したことがありませんでしたが、先日白水台モデルハウスの暖房をONにし、その効果を体感しました。

数日前から朝夕30分ずつのタイマー運転をしていますが、断熱・気密性に優れた高性能住宅ならではの特徴のひとつとして、建物自体が蓄熱をし一日中快適温度をキープしてくれます。建物全体がふんわりとした暖かさに包まれており、空気も乾燥しておらず喉に不快感も感じません。一番感動したのが、玄関を開け靴を脱いだとき、床がほのかに暖かく、通勤中に冷えた足先が瞬く間に温もっていきました。足先の冷えは体にも良くはありませんし、なによりストレスを感じますが、そのような心配は一切ないと感じました。

これはこの時期だからこそ体感できます。この優しい温もりを体感したい方は是非白水台モデルハウス・紅葉町モデルハウスまでお越しください!

 

話は変わって、現在進行中のK様邸の基礎工事が着々と進んでおります。今週は天気が崩れて進捗が心配でしたが、問題なく予定通り進んでおります。寒暖差激しい中、各業者様ありがとうございます。

基礎工事のほうは、基礎の中にしなければならない配管等を配置した後、一度土間コンクリートを打設しており、ここからさらに基礎の立ち上がりの部分を打つための型枠を設置しています。今回はセントラルヒーティングの床暖房を採用しているため、暖房用の配管を1階床全体に通すためのボイド管と呼ばれる管を型枠中に仕込み、基礎が出来上がったときに穴が開いているようにあらかじめ細工します。

電気や水道、暖房設備の仕込みが基礎工事から行われているため綿密に打ち合わせが必要です。しかしこの工程をしっかり行うことで露出の配管・配線等を極力無くし、エクステリア・インテリアともに家全体が美しく仕上がるのです。

 

これから寒さがより一層厳しくなると思いますが、前述の通り住宅性能はこのような時期にこそ真価を発揮します。これからお家づくりを検討されている方にはヨゴホームズの家を体験していただき、ぜひとも参考にしていただきたいと思いますので、ご興味がありましたらご連絡下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

calender

2021年11月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ブログ内検索

NAVIGATION